VisaプリペとVポイントアプリ

Vポイントアプリへのチャージ20%増量キャンペーンというのをやっていますが、同時にVisaプリペにもVポイントからチャージが可能になりました。Visaプリペの方はキャンペーンはやっていないので、Vポイントアプリばかりが話題に上がっていますが、この2つはどことなく似ていて、キャンペーン終了後のVポイントのチャージ先として、Visaプリペの活用も考えてみました。三井住友カードで得られたポイントをチャージして、さらにポイントを搾り取るという活用です。

Visaプリペ

img_card_visaprepaid.jpg
Visaプリペは、リアルカードです。デザインも三井住友カードと同系統の新しいデザインで、三井住友カードのシルバーとほぼ同じデザインです。カード単体でVisaのタッチ決済、スマホに登録すればiDとして使うことができます。

Vポイントアプリ

img_card_vpoint.jpg
Vポイントアプリは、アプリで運用するバーチャルカードです。Apple PayまたはGoogle Payのスマホで利用するか、ネットでの利用となります。Google PayだとVisaのタッチ決済となるのが残念です。

どちらがいいか

キャンペーンが終わった後のことを考えると、活用範囲が広いVisaプリペが使い勝手が良さそうです。3Dセキュアにも対応しています。

例えば、セブンイレブンで三井住友カードを月に2万円使うとします。還元率は5%なので、年間12,000ポイントとなります。このポイントをVisaプリペやVポイントアプリにチャージして使うと、還元率0.25%で30ポイントとなります。わざわざクレジットカードや現金からVisaプリペやVポイントアプリにチャージする使い方はたぶんしないと思うので、ポイントチャージで得られるポイントは30円相当。

Visaプリペ Vポイント(アプリ)
申込方法 ウェブサイト アプリ
申込条件 満6歳以上(小学生以上) 制限なし
利用できる加盟店 カード:Visa/Visaのタッチ決済加盟店
Apple Pay, Google Pay™:iD加盟店
①お店でのご利用
・ Apple Pay:iD
Google Pay:Visaのタッチ決済
②インターネットでのご利用:Visa
ご利用特典 ご利用金額の0.25%(翌月10日、残高に加算) 毎月1日~末日の国内外ショッピング利用額の0.25%(端数切捨て)を、翌月10日に残高に加算(キャッシュバック)
チャージ方法 インターネットバンキング、クレジットカード、セブン銀行ATM、ローソン店頭
Vポイントの交換
①Vポイント
②Vポイントギフト
③クレジットカード(SMBCデビット含む)
④銀行Pay(三井住友銀行のみ)
三井住友カード/VJA/オムニカード発行のクレジットカード、SMBCファイナンスサービス株式会社発行のVisa、Mastercard、SMBCデビット(Visa)以外のカードのチャージ、インターネットバンキングのチャージは手数料204円(税込)。
カード残高上限額 30万円
1日のチャージ上限は30万円、月間のチャージ上限は100万円です。
30万円
本人確認前・・・3−5万円
年会費 無料 無料
3Dセキュア 設定可能 なし
ICチップ 搭載
不正利用補償 あり 不明
カード名義 本人の氏名 VPOINT MEMBER
« セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード |
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: