プリペイドカードよりはデビットカードか

コロナ感染防止対策でキャッシュレスにしたい。でも、後払いのクレジットカードは抵抗があるとか、銀行口座から直接引き落とされるデビットカードも不安という理由で、キャッシュレスを躊躇している人は多いようです。そんな方にオススメなのがプリペイドカード。そのままカードで支払ってもいいし、プリペイドカードをスマホに登録して、スマホだけでピッと支払うことも可能です。非接触決済は、サインや暗証番号も不要。ウイルスが付着しているかもしれない現金に触れることもなくなります。

でも、ちょっと待ってください!! プリペイドカードを使うのを辞める時の残金はどうするの?
使い始めたあとに、やっぱりキャッシュレスは、自分には合わないということはありえます。しかし、ちょっと発想を変えることで、デビットカードをプリペイドカードのように使うことで、プリペイドカードの問題を克服できます。銀行口座から直接引き落とされるというデビットカードのデメリットを逆にメリットとして活用します。

キャッシュレス専用に銀行口座を開設し、キャッシュカードをデビットカード一体型で発行します。いつも使っている銀行口座と別のものを用意するのがミソです。銀行口座を開設するのは、気分的に大掛かりな気がしますが、スマホで簡単に開設できます。プリペイドカードを発行するのとあまり変わりません。そして、プリペイドカードにチャージする感覚で、好きな金額を銀行口座に入金すればいいのです。

しかも、もしも使うのを辞めたくなったら、出金すればいいのです。単なる銀行口座ですから。プリペイドカードは、出金に手数料がかかる場合もあります。出金できないものもあります。チャージしても出金できないサービスは、非常に多いです。そんな中、銀行口座を使ったデビットカードは、あとで状況が変わっても、心配することが何もありません。そんな意味でも、プリペイドカードよりもオススメです。

また、デビットカードは、銀行口座からの即時引き落としなので、支払い履歴がリアルタイムです。支払い金額の合計や残額が、スマホのアプリでいつでもわかるので、現金払いよりもシビアになります。使いすぎ防止にも大きく貢献します。

それでは、どのデビットカードが良いのでしょう。条件としては、キャッシュレスをしたいので、カード自体が非接触決済に対応していること。同時に、スマホに登録して、非接触決済が可能であること。

この2つの条件を満たすものは、三井住友銀行デビットカード(SMBCデビット)とSony Bank Walletの2つです。前者は「iD」、後者は「VISAのタッチ決済」で、対応店舗数は圧倒的にiDですので、オススメは三井住友銀行デビットカードということになります。

三井住友銀行のデビットカードを使えば、iDに対応しているので、カード単体でも多くの店舗でキャッシュレス支払いが可能。スマホに登録すれば、スマホをピッとかざすだけで支払いが可能。どちらも可能なので、好みや気分で使い分けることができます。

プリペイドカードではチャージするとき、カードによって方法が異なりますが、デビットカードは、コンビニATMで銀行口座に入金するだけ。三井住友銀行の場合、コンビニATMの手数料は、月3回まで無料です。時間外の出金に手数料が取られる北洋銀行や北海道銀行よりもお得。キャッシュレス支払い専用口座と考えれば、プリペイドカードと使い勝手は同じ。むしろいろいろ便利です。

もちろん、還元率でいえば、クレジットカードのほうが上です。あくまでも後払いを避けたいということでの選択肢です。とりあえず、キャッシュレスを始めてみて、よりよい方法を模索するのもいいでしょう。キャッシュレスの入り口として、三井住友銀行デビットカードは、良い選択なのではないでしょうか。スマホアプリで簡単に申し込みができるのも便利です。

応用編として、そのデビットカードをKyashというプリペイドカードに紐付けると、いわゆるポイント二重取りという技が使えます。プリペイドカード単独では、できない技です。多くの場合、デビットカードは、クレジットカードと同様の扱いとなります。

« 最近のキャッシュレス支払い方法 |
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: