セダンの新しいデザイン

アメリカで低燃費の新車購入支援制度が導入され、日本の自動車業界も回復に向かっているのだそうです。日本の経済は、本当にアメリカに依存しているということなのですね。

さて、ホンダではセダンの新しいデザインの骨格を提案している、という記事が紹介されていました。従来横の断面が台形だったのを、サイドウインドウを立て、中を広くする方向でデザインしていくというもの。

フィットもインサイトもそうですが、最近のホンダ車のデザインは、サイドのウインドウがミニバンのように垂直に立っています。もちろんその方が、中を広くできるのは当然ですが、見た目の安定感が失われます。

セダンであるシビックもサイドのウインドウが立っています。中に乗ってしまえば、外から見るデザインは関係なくなるのでしょうが、どうも好きなデザインではありません。何となく感じていたことが、明確な意図があってのこととは、残念です。

248584

【関連サイト】
ホンダも米国で増産へ 底打ち見据え決定相次ぐ-北海道新聞[経済]
[ホンダデザイン総括]セダンの新しい骨格...『Next』 | Response.

« プリウスとインサイトの安全性 | クーペのシェア »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: