Hyson Tearoom: 2019年5月アーカイブ

« 2019年4月 | 2019年5月 | 2019年8月 »

2019年5月アーカイブ

【災害とキャッシュレス】
北海道胆振東部大震災でブラックアウトを経験している者にとって、現金の重要性は身にしみて感じています。電気がないことでカートが使えない非常事態ともいえる状態で困った人も多いそうです。

たまたま現金を数万円ほど財布に入れていたので、いつまでブラックアウトしているかわからない不安はありつつも、気持ちは楽でした。コンビニや近くのスーパーも可能な限り営業してくれていたので、食料で困ることはありませんでした。

ただし、災害に現金は強いというのは、ちょっと違うようです。見方を変えて、家が火事などの場合、紙幣は焼けて消えてしまいますが、キャッシュレスであればお金はクラウド上にあるので、安全であるといいます。万が一、通帳やキャッシュカードが燃えてしまっても、あとから本人確認ができれば、全額無事に復活します。まあ、大金を家に置いたままというのもどうかと思いますが...。

多少の紙幣をしのばせておいて、基本キャッシュレスとするのが現実的であると感じます。

キャッシュレス支払いを分類するときに、あらかじめチャージしておくプリペイド、即時支払のデビットカード、後払いのクレジットカードなどと分類したり、カードを使うか、QRコードを使うか、スマホのFelica機能を使うかなど、支払い方法で分類したりします。あるいは、運営する団体によって、交通系や流通系、通信系と分類するなど、キャッシュレス支払いの分類は迷路のように複雑です。この記事では、出口となる「支払い方法」と入口となる「チャージ方法」で考えてみたいと思います。

« 2019年4月 | 2019年5月 | 2019年8月 »

サイト内検索

月別 アーカイブ

Feeds

Hyson Tearoom
メアド
counter