自動車新燃費基準

自動車新燃費基準 性能競争へ NHKニュース エンジンが冷えた状態からスタートさせることも加えて測定することになっています
短い距離の運転で燃費が悪いのは、信号待ちの他、走り出したときにガソリンが濃いため。エンジンが冷えたときの燃費は良くありません。そのため、通勤等、細切れで乗ることになるときは、燃費が極端に低くなります。それらの影響が低くなる長距離ドライブは燃費がよくなるわけです。

信号待ちは、アイドリングストップという方法が使えますが、冷えた状態の燃費向上はどんな技術が考えられるのか。それとも、今まで始動時の安定性のため、マージンを取ってある分をギリギリまでおさえるのか。

« カレー 一家 | 夕張のゴーストタウンがよみがえる »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: