ロータスが騒音発生装置を開発...エコカーは静かで危険

ロータスが騒音発生装置を開発...エコカーは静かで危険

電気自動車やハイブリッドカーは環境に優しい車として期待されているが、視覚障害者に対しての問題がクローズアップされてきた。これらの車が低速で電気走行するときは、車外に音をほとんど発生しないため、視覚障害者は車の接近に気づかないリスクがある。

音もなく近づく車は、視覚障害者でなくても危険です。騒音をまき散らす車も困りますが、静かすぎる車がクローズアップされていることは知りませんでした。

私が乗っている車は、逆に遮音板が軽量化のため、車内の騒音は結構ある方だと思います。低回転のトルクがないので、回転数を下げすぎると乗りづらいし、白金のプラグなので常に一定の回転数を保っています。でも、それが車に乗っているという意識を継続させていることになっていると思います。

最初に記事のタイトルを見たときは、エコカーの車内が静かなので、騒音発生装置を車内に取り付けるのだと思いました。そうすれば、車に乗っているという感覚が増すので、何かに良いのかと。違いましたね。

自動車関連ニュース記事 - MSN自動車

« 交通事故死者が過去最少に | 8月なのに気温が1.5度 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: