炭山川橋と三井芦別鉄道 - Hyson Tearoom

炭山川橋と三井芦別鉄道

| 北海道の話題 | コメント(0)

車を走らせていて、以前右に見えたものが左に見えるってことが稀にあります。
ここの風景もそんなひとつかもしれません。

国道452号線の頼城から西芦別に抜けるあたりに、三井芦別鉄道の線路跡と鉄橋跡にディーゼル機関車を残してあるところがあります。鉄道ファンにはうれしい場所でしょう。

この鉄橋を挟むように新しい橋が設置されたので、見える方向が反対になってしまいました。
最初に新しい橋を通ったときは、「あれ?」って思いました(昨年のことみたい)。

炭山川橋付近

地図の①と②に挟まれた場所が、以前の炭山川橋。
今は撤去されています。③付近が新しい炭山川橋です。

①から見た写真
旧炭山川橋
土が盛られ、車が落ちないようになっています。
緩やかな下り坂だからでしょうか。
以前は、この橋からすぐ右手に機関車が見えました。

②から見た写真
旧炭山川橋
反対側からです。機関車が見えます。
橋の上からはもっと間近に見えたものでした。

③から見た写真
炭山川橋
橋の北側から見ても、見えるのは機関車のみで後ろの石炭を積む車両が見えません。

④から見た写真
頼城橋
反対側には頼城橋が橋下に見えます。この橋は車の通行はできません。

【フォトギャラリー】

Photo Gallery
Photo Gallery

[350 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:

コメントする

サイト内検索

月別 アーカイブ

Feeds

Hyson Tearoom
メアド
counter