交通死ワースト返上

交通死ワースト返上 05年の道内

 道内の二○○五年の交通事故死者数は三十一日午後八時現在、前年一年間より八十五人少ない三百二人(三十一日午前零時以降は北海道新聞集計)となり、一九九一年以来十四年ぶりの全国ワースト返上がほぼ確定した。同日午前零時現在、全国ワーストの愛知県とは四十九人差となっている。

 道警交通部によると、○五年は十月を除く、すべての月で死者数が前年を下回ったほか、例年四月以降に増える速度違反を伴う事故が大幅に減少した。

 自動車、道路の安全性アップや、道警、関係団体の長年の取り組みによる運転モラルの向上などの成果が表れた。

冷え切った北海道の経済で、安全運転というよりは、エコ運転。ガソリンがもったいないとか、事故をしたときの修理費などの無駄な出費も避けたい、なんて意識が高かったからではないでしょうか。

以前にこのウェブログでも書きましたが、車の流れは以前より遅い気がします。運送業も大変らしいですからね。トラックが遅ければ、全体的に流れは遅くなります。記事では道警の手柄のように書かれていますが、そうではないような気がします。

【関連記事】

HKD WEBLOG: 最近エコ運転?
HKD WEBLOG: 全国の交通事故死、4年連続減少
« うす皮仕立ての「たい焼き」 | F1グランプリ 2006 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: