東さっぽろ市

2006年3月1日に東さっぽろ市が誕生します。
南幌町と栗山町・由仁町が合併となります。
南空知の3つの町が石狩の「さっぽろ」を名乗るという違和感がある都市名です。
札幌市内には白石区にすでに「東札幌」があり、紛らわしいです。

南幌と栗山は空知郡で、由仁が夕張郡。
そして、南幌は、栗山とも由仁とも接していないので、飛び地になります。
南幌と栗山の間にある栗沢町は北村と共に岩見沢市へ。
結局名称に困るほど、苦肉の合併ということでしょう。

東さっぽろ市といっても、札幌市とは道路でつながっていません。
札幌市の東側に位置しているといっても、札幌市民には隣町の意識は全くないでしょう。
札幌市が千歳市と接しているといわれるのと同じ感覚でしょう。

ところで新潟県中越地震の被災地で、魚沼市と南魚沼市が今日誕生しました。
名称は早い者勝ちのようで、北魚沼郡のほうが魚沼の名称を得たとのことですが、
仮に北魚沼市となっていれば、兄弟都市みたいで印象が良かったのに。


---追記
俗称として、
東札幌が近い札幌ということで、近東札幌、
東さっぽろが遠い札幌ということで、極東さっぽろ、というのはどうでしょう(冗談)。

周辺から見ると札幌って近く感じる場所もあると思いますが、
札幌中心部から見ると札幌を抜けるまでが遠い。
札幌の市外に出るだけで、ちょっとしたドライブですよ。

この記事を書いた後、南幌では住民投票で反対多数のニュースが入ってきました。
江別や札幌との合併を検討ということですが、江別は合併に賛成していないはず。

市町村合併を考える・トップページ

江別市は平成17年3月を期限とする市町村合併には、取り組まないと判断しました

« 真谷地小学校を求めて | アジアンスープカリー ベス »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: