第二種電気工事士を受験

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

今まで受験して合格した資格の一部の合格状況

受験者+1次免除合格者合格率
英検2級135,364+7,16034,13323.9%
フランス語検定4級資料なし6割以上
初級システムアドミニストレータ81,31125,14430.9%
基本情報技術者89,09316,632 18.7%
第二種電気工事士78,721+24,25935,59234.6%
高等学校教員資格認定試験(情報)1000+α約1006?7%

情報処理の国家資格は、申し込みの3?4割が1次試験を欠席するのが特徴。
「初級」とか「基本」とか付いているので、簡単そうに感じるのですが、
民間でやっている○○検定の上の難易度です。
勉強しているうちに受験前にあきらめてしまうらしいです。

高等学校教員資格認定試験は、レベル的には、基本的な情報処理の
国家資格にプラスアルファしたもの。
教育に関することが入ってくるので、情報処理の知識だけではダメです。

今回受験した第二種電気工事士は、工業高校卒の方も受験するもので、
大学で工業系の勉強をしていたので、1週間くらいの詰め込みで受験。
筆記試験はパスしそうですが、問題は実技試験かな。

自動二輪で、限定解除に合格していない実績があるので、実技は苦手。
英検でも、二次試験で落ちたことがあるし。

« マジックスパイス | ガンダーラ(カレー) »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: