トップページへ > 食べ物・飲み物 アーカイブ

食べ物・飲み物 アーカイブ

IMG_6368.jpg

Instagram

「観光客向け...」と表現するとき、いい意味で使うときは、観光客にもわかりやすいメニューとか、外国人観光客向けだと英語や中国語の表記もあるとか、団体観光客が来ても対応できる広いスペースがあるとか、というのが思いつきます。

反対に「観光客向けだな...」と言うときは、価格が高いとか、その割に量が少ないとか、味が大したことがないといったときに使うような気がします。割高かもしれないけど、それでも味は一定レベルはあるときに使うような気がします。美味しくなかったら観光客にも勧めないでしょうから。

味には好みがあったり、育った地域や環境で変わるので、食べログの高評価が必ずしも美味しいとは限らないという現象があります。地元の自分が気に入っているお店が万人向けではないこともあります。

しかし、少なくとも北海道の食で「観光客向け」といっても、たぶん相当レベルは高いと思います。観光客が残す口コミには、料理に絶賛するものが多いからです。「観光客向け」となれば、訪れる人も多いので、口コミが集まります。タイトル・写真で紹介したお店は、「観光客向け」とコメントしましたが、評価は高いお店です。悪くないと思います。ただ、道内の港町のお店はやっぱりおいしい。それと比べたらちょっとだけ...。

席がカウンターになっていて、揚げたてを載せてくれます。サクサクでおいしいです。てんてん定食が800円で6品。しかも、目の前に漬け物、キムチ、塩辛が置いてあって、自由に食べることができます。ごはんも味噌汁もおかわり自由。

店内外は、洋風。何のお店かわかりません。

羊ヶ丘通りと厚別中央通の交差点にあり、以前からあるのは知っていて、ずっと気になっていました。入ったのは今回が初めて。車を走らせながらだと、最初は「ぴぴ」?と読んでいました。

大泉洋さんの友達がやっているというお店。



ノースコンチネント宮の森
住所:札幌市中央区北5西29 エステート宮の森1F
電話:011-613-8809
営業時間:ランチ 11:30 - 15:00[LO14:30]
ディナー 17:00 - LO22:00
定休日:不定休
Shop « 札幌の北海道産のお肉を使った手作りハンバーグ専門店|ノースコンチネント

生産者の顔が見えるハンバーグ店。素材も良ければ、焼き具合やソースもよい。ハンバーグだけでなく、スープやデザートもとてもおいしいです。

とてもしゃれた店なのに、ライスはお茶碗で、そして箸だけが用意されていて、そのギャップにも驚き。

住所:小樽市銭函2-30-3 自遊林内
営業時間:10:00-21:30(L.O.21:00)
※冬季は18:00まで ランチ営業、日曜営業
定休日:水曜日・第24木曜
電話:0134-62-2771
駐車場はレストラン「樹の部屋」と共有

国道沿いなのに、ひっそり静かな空間。もともとはお医者さんが住んでいた民家だったそうです。知らないとただの庭にしか見えない橋を渡っていきます。

店内には薪ストーブ。昭和の雰囲気です。

池にはカモもいたりするんです。

住所:札幌市中央区伏見1丁目3-11
(藻岩山麓通り沿い)
電話:011-520-1414
営業時間:昼の章 鬼はそと 11:30~17:00(LO 16:00)
お昼はカレーうどん専門店 夜はすき焼き・しゃぶしゃぶ専門店 鬼はそと福はうち

26台分の駐車スペースがいつもいっぱいになるほどの人気店。平日の微妙な時間に行ったら、他に誰もいませんでした。

何より店員の雰囲気が良く、丁寧。窓からの景色も最高。店内の雰囲気、BGMも良い。そして、カレーうどんがおいしいこと。これはリピーターになりたいです。コシのあるうどんにコクのあるスープ。

芦別の道の駅にある名物のたい焼き屋。
『芦別名物』ではなく『芦別スキー場名物』だそうです。夏でも営業しています。

たい焼きはほどよい甘さと、ソフトな焼き加減。アンが背中からはみ出ています。

多胃矢木 黄金焼魚(Gold fish)
住所:札幌市豊平区豊平4条10丁目2-17
TEL:011-816-5111
営業時間:10:00-19:00
定休日:火曜日

何かのランキングで上位にあったので、買いに行ってみました。国道36号線からだと『きたえーる』を示す標識がある交差点を目印にすればいいです。

私の中では、エスタにある十勝大名に次ぐ第2位。なかなかおいしいと思います。

【関連記事】
[H] 十勝大名のたい焼き
[H] うす皮仕立ての「たい焼き」

中国料理 珠華飯店(シュカハンテン)
澄川店 札幌市南区澄川4条2丁目10-1
11:30-14:00、17:00-21:30(L.O)
定休日:火曜
平岸店 札幌市豊平区平岸4条9丁目2-8
11:30-14:30、17:00-21:00
定休日:火曜

評判通りおいしかったです。2100円のコースの一部を写真で。



目的は、「食堂うしお」でウニ丼を食べること。でも、ウニアワビ丼にしました。ウニ丼とおなじ2300円。

近辺の風景。

喰い処 鮭番屋
住所 〒085-0024 北海道釧路市浜町4番11号
電話番号 0154-25-0503
営業時間 朝7時30分~14時
シャケ番屋

釧路市内には、炉端焼きの店がいくつもあります。「炉ばた」が雰囲気もあり、有名です。しかし、開店は午後5時。午前中から昼時に海の幸を楽しみたいなら、ここはおすすめ。いや、最初からここを目指して来るのもよいと思います。

海産物は当然新鮮。写真は、ホタテ、鮭のハラス、銀だらのかしら(頭)です。このホタテは絶品です。ハラスは、油がしたたるほど。このハラスが150円とは安すぎます。

イクラ丼は、軽く食べるつもりだったので、中盛り800円にしました。塩加減が絶妙。新鮮なので塩を強くする必要がないのでしょう。

きちんと店員が焼いてくれます。自分で焼くのを売りにした店もありますが、うまく焼けないんですよね。

話題の白いたい焼き
screenshot_82
尾長屋

モチモチしていて、たい焼きという感じではありません。話題にはいいのかもしれませんが、たい焼きを食べたいときに食べたいと思うものではありません。

以前は、夕張のカレーうどんといえば、「藤の家」が有名でした。食べに行こうと何度か夕張に行ったのですが、入退院を繰り返していたため、店が休みだったみたい。2009年5月末に閉店したようです。

この「吉野家」のカレーうどんは、その味を引き継ぐものらしい。前回食べたのが、もう何年も前なので、違いがわからないです。とにかくおいしい。
カレーうどん

住所:北海道夕張市本町4丁目54番地
電話:0123-52-2448
営業時間:11:30-17:00
定休日:不定期
駐車場:店前に3〜4台

夕張駅を過ぎて、本町方面に右にそれます。
その道路沿いの右にあります。

札幌駅エスタの地下1階にある十勝大名のたい焼き。いつも行列ができています。何枚食べてもあきないので、私も札幌駅付近に行ったときは、よく買ってしまいます。そうとうリピーターも多いことでしょう。
十勝大名のたい焼き

【関連記事】
[H] たいやき工房
[H] うす皮仕立ての「たい焼き」

厚岸の「かきめし」駅弁が買えなかったので、厚岸の郷土料理・桜亭に入りました。カキコースのメニューと2000円コースの写真です。すべて合わせると20個のカキが入っていました。道の駅コンキリエで生のカキを自分で焼くのも最高ですが、こういうのもいいかも。
厚岸 郷土料理 桜亭厚岸 郷土料理 桜亭厚岸 郷土料理 桜亭

厚岸の森高酪農場直売店。牛乳もおいしいのですが、この牛乳を使ったソフトクリームは、牛乳の味がするもので、赤井川のソフトクリームと似た感じです。それよりもおいしいと思います。個人的には、道内で1番おいしいと思っています。

帯広の豚丼・新橋です。帯広の豚丼は、「ぱんちょう系」と「新橋系」とに分類されるのだそうです。店内の調理師免許証には、町村知事の名前があり、40数年の歴史のある老舗です。なお、「肉盛」で注文しないと、肉が少ないかもしれません。味噌汁も別ですが、おいしいのでぜひ一緒に。
帯広 豚丼 新橋帯広 豚丼 新橋

帯広の「高橋まんじゅう」です。ガイドブック等には、90円とありますが、100円になっていました。大判焼き(おやき・今川焼き)がメインのようですが、蒸しパンもおいしいです。冷えてもおいしいので、旅行で多めに買っても味を堪能できると思います。
帯広 高橋まんじゅう

川沿の交差点に赤く目立つ看板の『北海道らーめん 久楽』とあるのが以前から気になっていました。
ネット上でも評判がよく、行ってみたいと思っていたお店でした。
窓がない店内は、冷房が効いていて、きれいな雰囲気。
店員の応対もいいですね。

さて、おすすめの白味噌ラーメンは、濃厚で食べ応えあり。
トロトロ、ドロドロのスープは、他店にない感じ。
甘さもありますが、しつこくなく、また食べたいと思う味です。

実は、しんがりに行くために車を走らせたのですが、5月で閉店していました。近隣住人との駐車場問題が原因か、単に場所が悪かったのかはわかりませんが、ちょっと残念です。

【公式サイト】
北海道らーめん奥原流 久楽

セブンイレブン限定のリプトンTea au Laitが最近気に入っています。クリスマスパッケージで少し華やかです。甘めになっているので、よりミルク分が濃く感じられます。
Tea au Lait

午後の紅茶のダブルベルガモットも気に入っています。アールグレイはクセがあるのですが、ベルガモット果汁でそれを打ち消しているのでしょう。飲みやすくなっています。
Bergamot

まあ、どちらも紅茶葉を買ってきて自分で作った方がおいしいのですが、コンビニ紅茶としてはおいしいと思います。コーヒーやウーロン茶に押され、あまり紅茶って店頭に並んでいなかったので、最近の充実ぶりは少しうれしいですね。

帯広・十勝の鯛焼き専門店たいやき工房 たいやき工房

帯広に本店がある『十勝の味』のたいやきです。
カリッとした食感がいいですよ。パリッとしたものは他にもあるけど、カリッとしているんです。
あんこやクリームだけでなく、月限定のたいやきも注目かも。

■札幌 澄川店
札幌市南区澄川6条3丁目1番25
TEL:011−841−6152
営業時間:AM10:00〜PM7:00
不定休

■札幌 北24条通り店
札幌市東区北23条東1丁目8-17
TEL 011-748-9540
営業時間:AM10:00〜PM8:00
不定休

函館・西波止場

この2階の「はこだて海鮮倶楽部」は、値段は1.5倍ほど高いけど、その分おいしいものを食べることができます。ロケーションも雰囲気も良いです。けれども、たぶん地元の人は、もっと安く食べられるお店を知っているのかも。

以前(20年ほど前)、釧路に行ったとき、フラッと入った居酒屋がそんな感じで、ガイドブックにも載っていない漁師さん行きつけのお店でした。そこで食べたメンメ(札幌ではキンキ)は、脂がこってりのっていて、人生で一番おいしかったと思っています。それでいて格安。地元の漁師さんと楽しいひとときを過ごしたのですが、「ぼったくられる店もあるのに運がいいな」って言われたものです。今考えても、本当に運が良かったかも。

これを食べに函館までドライブしたようなもの。B級グルメツアーです。

クジラはやわらかく、遠い昔の記憶にあるクジラとは大違い。
ハンバーガーでもいいけど、「くじら味噌カツ定食」でもいいなあぁと思います。ご飯と合いそう。
2番人気というのも納得。今度は1番人気のチャイニーズチキンバーガーを食べてみたい。

ラッキーピエロの「くじら味噌カツバーガー」

【関連記事】
[H] くじらバーガー

純蓮(すみれ)は、混んでいないときを見計らって食べに行くお気に入りのラーメン屋。
久しぶりに行ってみました。注文はいつもの醤油ラーメンです。

さて、食べようと思い、箸を挿すと「もやし」ばかり。
結構もやしが多いと思い、さらに箸を挿すと、それでも「もやし」ばかり。
底の方からひっくり返して、やっと麺が出てきました。

麺が通常の半分ほどで、その麺と同量の「もやし」が入っていました。
これじゃぁまるで「もやしラーメン」ですよ。
食べ応えがないので、軽く食べるにはちょうど良かったです。

【関連記事】
[H] 純蓮(すみれ)のラーメン

【関連サイト】
★ラーメン占い.com★ - 8種類のラーメンに分けて、あなたを無料占い相談!

東急ストアの自衛隊前店を入ると、いつもスイーツの甘い香りがお出迎え。
札幌では有名らしいフルーツケーキファクトリーです。
中央区南1西4に本店があるらしい。

さて、窯出しシュークリームが105円ということで、買ってみました。
いつもはもっと値段が高い記憶なのですが、これなら普通の値段です。

大きめのシューの中身は、クリームが大量に入っています。
甘さ控えめの上品な味。なかなかいいですよ、これ。

ネスレ、和風味の「キットカット 北海道小豆」を期間限定発売 - ニュース - nikkei BPnet

小豆を使った和風味のチョコレート菓子「ネスレ キットカット 北海道小豆」を2006年11月6日から期間限定で発売する
キットカット 北海道小豆

北海道限定ではないようです。
キットカットは好きなので、たまにですが袋で買ってきたりもします。

スープカレーで辛さには強くなったかな。
たまにラーメンも食べに行きますが、真夜中に何か食べたいとなると、
山岡家ってところでしょうか。

山岡家

今回は、辛味噌ラーメンの激辛を注文してみました。
唐辛子の辛さが最初から最後までストレートに効いてきます。
その割にコクのあるスープがいい味を出しています。
なかなかクセになりそうです。

芦別の名物料理。地元の人も話題になって初めて知った人も多く、「隠れた名物」どころの話ではありません。ちょっと前まで、誰も知らない名物料理だったんです。

食べ物的にどんなものかというと、フキ、タケノコ、シイタケ、タコ、豚肉、白玉団子など10種類以上の具材が入って、とろみのある塩味のシンプルなスープです。中国の家庭料理を手本にしたということらしいです。

私が注文した「ガタタンチャーハン」は、チャーハンに「がたたん」があんかけのように載っているもの。
チャーハンの「がたたん」は、フキや白玉団子がなく、エビやイカ、ツブなどの海産物を追加。豚肉の代わりに鶏肉と、チャーハンに合わせて具材を換えているようです。

とにかくシンプルなので、具材の味がそのまま味わえます。
まあ、特別なものはなく、本当に庶民の味って感じです。
雪がしんしん降る冬の夜に、これを食べると幸せだろうなぁって感じです。

ただ、「がたたん」だけだと、食事としてはちょっと物足りないかなって感じもします。
結局スープですから。

それからここの店は、根室のエスカロップ風のものや帯広の豚丼風のものなど、メニューがおもしろいです。
地元では、ラーメンがおいしい店として知られているので、今度は「がたたんラーメン」でも食べてみよう...。

宝来軒
営業時間:11:00~20:00
休業日:月曜日
住所:芦別市上芦別町38
電話番号:01242-3-1504

宝来軒

【関連サイト】
宝来軒(芦別)

札幌西武に店舗があると知っても、相変わらず「かにめし弁当」を食べに長万部までドライブ。
札幌から片道130km。旭川より若干遠いくらいですね。ちょうどいいドライブでしょう。

今回は、どこかのブログで知った「かにめし御膳」を食べに「ドライブインかなや」へ。
この一帯の周りのドライブインが閉鎖になって、寂しい雰囲気が漂うのですが、きっと「かなや」以外お客が入らないからなのかと思ったりもしました。

広い駐車場、広い店内。さっそく食券を買います。
1600円は内容を考えると別に高い感じはしないでしょう。
「かにめし弁当」が1100円で、それに刺身とかにのサラダなどが付いていると考えれば、まあまあの値段でしょう。
そして、この刺身もサラダもおいしいです。

食後は、おみやげコーナーで買い物でも。
並んでいるものをみると、函館圏なんだなあと感じさせます。
「いかめし」を買って帰りました。(いかめしも好きです)

【関連リンク】
かにめし本舗かなや

ドライブインかなや

ドライブをかねて、苫小牧のマルトマ食堂に。
ちょっと満足感が100%に達していなかったので、思いつきでウニ丼を食べに。
目的地はもちろん神威岬です。

途中、大滝村から伊達市に変わった道の駅フォレスト276に寄りました。
この道の駅は、よく来ます。きのこ汁がおいしいですね。
道の駅 フォレスト276
一番支笏湖側の売店のソフトクリームがおいしかった。
キャラメル味です。

羊蹄山もきれいでした。
羊蹄山

さらに進み、泊村の弁天島。
弁天島(泊村)

工事中でした。
弁天島(泊村)
弁天島(泊村)

カニやヤドカリがいました。
弁天島(泊村)

神威岬の「うしお」に到着。
神威岬 食堂うしお
食べたのはちっと贅沢にバフンウニ。3000円。
ムラサキウニでもおいしいですよ。

最後は夕日。
石狩浜からの夕日

【フォトギャラリー】

EarlGrey Photo Gallery
Photo Gallery

【関連記事】
[H] マルトマ食堂

住所:苫小牧市汐見町1丁目1番13号
電話:0144-36-2023
定休日:日祝
営業時間:6:00-14:00

苫小牧は、ホッキの水揚げ日本一なんだそうです。
そのホッキをメインにメニューを並べている食堂です。
もともとは営業時間、場所も漁師向けのものなのでしょう。

店内メニューの左からホッキ丼、ホッキめし、ホッキカレーと並び、この順におすすめのような気がします。
生の甘いホッキは幸せな気分になりますよ。

苫小牧マルトマ食堂

マルトマ食堂

Yahoo!地図で「マルトマ食堂」の場所を確認する

ピオパイのらーめんパイ@美唄市|いりたまの北海道B級グルメ♪

いりたまさんのブログはよく見ています。
今日は、美唄のピオパイに行ってみました。
「らーめんパイとはなんだろう」っと。

でも、いざ店内にはいるとおいしそうなケーキがずらり。
シフォンケーキとピオシューを買いました。
最初の目的はどこへやら。
さっそく道の駅三笠で車を止めて、大きなシューを食べてしまいました。
ボリュームのあるパイシューです。
場所がわかりやすいので、国道12号線を行き来する機会があれば、また利用したいですね。
国道の直線道路日本一の南端付近です。

ピオパイ

オムパレス
住所:札幌市白石区本郷通2丁目北5-15本郷B1F
電話:011-864-8216
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00 土曜11:00~21:00
休業日:日祝
駐車場:10台

タラバガニのオムライスを食べました。
サラダとスープとドリンクがセットにつきますが、サラダのドレッシングがおいしいですね。
そのあと、オムライスがきたのですが、皿が大きい。
その真ん中にのっているオムライスの大きさも大きい。
大きいお皿なので、目の錯覚で小さく見えるものですが、それでも大きい。

最初の一口にふんわりした牛乳の香りがする卵が広がります。
老舗の味なのでしょうか、いい味が出ています。とてもおいしいです。

食べている最中にあることに気づきました。
「この大きさで卵が一周している...」
どうやって卵に包み込んだのだろう。
ひっくり返してみたのですが、確かに包み込まれています。
さすがプロの技なのでしょう。芸術ともいえる調理です。

レギュラーサイズが多いといろいろサイトで書かれていましたが、
普通の大盛り程度だろうと思っていました。
たぶん、2食分くらいあるのではないでしょうか。
素直にSサイズにすべきかも。
店内の水槽に巨大な熱帯魚が泳いでいますが、それもオムライスに見えたりする。

オムパレス

オムパレス地図

冬のほっと一息カフェオレ

最近お気に入りのカフェオレです。
でも、これが「季節のカフェオレ」シリーズとして、「春のゆったりカフェオレ」、「夏のすっきりカフェオレ」、「秋のくつろぎカフェオレ」と続いていたのは知りませんでした。北海道未発売?

「ほっと」と名のるわけですから、ホットにしたいところですが、そういう発想はないのでしょうね。
もしかして、缶コーヒーなどがホットなのは、寒冷地仕様なのかな? それはないか...。

十勝大名のたい焼きはうす皮仕立て。
パリパリしておいしく、いつも行列ができています。

先月末、ビックカメラの帰りにエスタの食品売り場に寄ったときに、何となく行列の後ろに並んだのが始まりで、今月は日曜日のたびに「たい焼き」を食べています。

しまいにはビックカメラに用はないのに「たい焼き」を買いに行くようになってしまった。

「飽きるまで食べてみたい...」と5個買って、一気に食べてみましたが、1週間経つと、また食べたくなる。

ビックカメラのポイントよりも、たい焼きカードのスタンプの方が貯まっているかも

吉野家が豚丼を始めたときに話題になって、それから札幌やその近郊に十勝豚丼の看板をよく見かけるようになりました。

ラーメンやスープカレーのようにバリエーションがあるわけではないので、食べ歩きのようなブームにはならないと思いますが、「カツ丼もいいけど、今日は十勝豚丼でも...」といった選択肢の一つにはなることでしょう。

しかしながら、十勝豚丼の看板を掲げる店がすべて美味しいとは限らないので、注意が必要。
とりあえず、私のお薦め&ネットで好評なもの↓

十勝豚丼いっぴん

☆ラッキーピエロ公式ホームページ☆

函館圏で展開しているラッキーピエロですが、本当においしいんですよね。札幌にも進出しないかなと思っています。

最近、ラッキーピエロで「北海道ジンギスカンバーガー」と「くじらバーガー」を販売になったとのこと。「くじらバーガー」はくじら肉を知っている世代なので、非常に興味があります。一日限定20食ということで、これを目的に函館までドライブして、完売していたら悲しいですね。

カニ丼が525円と格安。結構美味しいです。ただし、量が少ない感じ。でも2杯食べても、まだ安いと思います。
ポセイ丼
クリックすると拡大します。

ZZR0831 Weblogで紹介されているラーメンを食べに行ってみました。石山通りと平岸通りが合流する交差点にありますが、国道沿いではないので、ちょっと迷うかも。ラーメン屋の「一国堂」の向かい側に小さな美容室があり、その横側が入り口になります。住所等は下記のリンクから確認してください。

ZZR0831 Weblog - らーめん「しんがり」

らーめん しんがりお店は喫茶店風でいい感じ。入り口付近に座席を置かないのは冬の寒いときにはうれしい配慮かも。店内のBGMもいい感じ。

さて、ラーメンの方ですが、これって京風ですよね? 別のところでも食べたことがあります。細麺でスープがあっさり。普段食べている札幌ラーメンとはひと味違います。飽きのこないおいしいスープです。それにしても細麺ってだけでラーメンの印象がこれほど変わるものかと思いました。ラーメンのようでラーメンじゃない新しい感覚と言えばいいのか...。食べながら考え込んでしまいました。

さらに特記すべきはチャーシュー。炭火したの?って感じの香ばしさ。味も最高です。それをケチらずにのせているところもいい。半熟卵ものっている。700円のラーメンをこんなに豪華にしていいのだろうか。小さな幸せを感じます。

近くの高校生も集団で食べに来ていました。よくタクシーが止まっているお店はおいしいと言うけど、高校生がおいしいと思うお店も侮れない。安くてもおいしくなければ寄ってこないと思うのです。よく食べに来ているような雰囲気でしたから。

shingari_map.png

自称「日本一ラーメンを食べた男」のラーメン日記:しんがり@札幌(醤油らーめん 杏仁)
しんがり 醤油 : とも@ら同のチャンネル -北国tv

【追記】
前回はしょうゆを食べましたが、今回はみそを食べました。
全然雰囲気が違います。コクのあるスープと平麺。
これもおいしいです。

※食べ物については、あくまでも個人的な好みとしてお読みください。

看板がモノクロのシックで気になっていた牛角に行ってみました。
たぶん大衆向けで安いだろうということで、大きな期待をしないことにしました。

いつもは、電車通り沿いのトトリへ行くのですが、結構高いんですよね。
それと比べるともちろん安い価格設定なのですが、一皿の量が少ないのか、ボリュームが少なく感じました。
肉は固くて、味も今ひとつ。冷麺やクッパも今ひとつ。

それで、腹八分の状態で会計をしたのですが、トトリで食べきれないくらい食べたときと、あまり変わらない値段でした。

和香のキモチ: 気になる食べ物

マネージャーさんが、北海道の銘菓からお取り寄せしたバウムクーヘンです。

最近テレビのコマーシャルでよく見るバームクーヘン。
たぶん、ここで出てくるのももしかして柳月の「三方六」かな。
気になる食べ物です。

北の自然菓?柳月

久しぶりにカレーではなく、ラーメンを食べに行く。テレビで紹介しているのを見ると、とてもおいしそうにみえたからです。

さて、純蓮でも時間を選ぶと簡単にはいることができました。以前より、座席を減らし、レジを置くようにしたようです。食券制はやめて、後払いにしたみたい。

いつもは「しょうゆ」を注文するのに、テレビで「みそ」がおすすめと言っていた言葉が耳に残っていたようで、「みそ」と注文してしまったようです。ラーメンができあがり、一口目でその間違いに気づきました。

札幌といえば「みそラーメン」ですが、私は店によって、注文が変わります。大抵は「しょうゆ」なのですが、「ぽぱい(羊丘通の福住にある)」では、「みそ」を注文します。純蓮では「しょうゆ」を注文するのです。

近いうちにまた行こう...。


炭ころソフトクリーム
黒い氷が石炭をイメージしたもの。
黒い氷は、コーヒーを凍らせたものをクラッシュしたものだと思う。
氷はわざとに苦めにしてあって、ソフトとの相性は、抜群です。
まあ、考えてみると合わないわけないという組み合わせで、素直においしいですよ。


楓駅がすぐそばにあります。
楓駅は、写真の通り石勝線のすぐそばにはずれるようにして存在しています。
現在は廃駅です。
左の2本が石勝線で、右が旧線です。楓駅のホームは右側にあります。

北の味処 浜海鮮
住所:浜益村浜益18-1
電話番号:0133-79-2933
営業時間:11:00~5:00
定休日:月曜日
営業期間:3月から11月

札幌から行くと浜益温泉から滝川へ行く道への
交差点を越えて、港の方へ行く。
海沿いの国道に看板があるから、
迷うことはないでしょう。

民宿にもなっていますが、
入ると大きな水槽があります。
札幌で見かけるようなディスプレイ用の
水槽ではなく、本当に採れたてを入れておくもので、
魚介類が静かに食べられるのを待っています。

注文したのはお薦めの浜海鮮丼ではなく、
リーズナブルな三色丼ですが、
何をのせるかは自分で選ぶことができます。
「おー、好きなものを3つも選べるんだ?」
嬉しくなってしまいます。

どんぶり自体の量は、北海道的な標準ですが、
プラスアルファがあるので、味も量も大満足です。

牛丼がなくなって、豚丼が登場したけど、
炭火で焼く十勝豚丼ではなく、
牛丼風に煮たもの。

豚肉の臭みを取るためにゴボウを入れたりして
いるけど、煮込みすぎると出てくる臭みは残っています。

十勝豚丼の半額以下だから、
おいしさを選ぶか、安さを選ぶかといったところですね。

旭川の紅茶の店ライフ・ラプサンに行きました。
ここの紅茶は道内でも有名なところです。
というか、紅茶専門店は、少ないですからね。
メイプルのシフォンケーキやスコーンも
おいしいです。

紅茶の店ライフ・ラプサン
旭川市東光1条3丁目
0166-31-9725

札幌だったら、ここ!
ティースクェアー オレンジ・ペコ
札幌市中央区南21条西14丁目 011-513-1477

紅茶の話 on 文市(あやち)さん
紅茶の話 on 八ヶ岳紅茶倶楽部DADA
トップページへ > 食べ物・飲み物 アーカイブ

月別 アーカイブ

Feeds

Hyson Tearoom
メアド
counter