« 2010年11月 | 2010年12月 | 2011年1月 »

2010年12月アーカイブ

国道453号線と道道453号線が交差しています。

多胃矢木 黄金焼魚(Gold fish)
住所:札幌市豊平区豊平4条10丁目2-17
TEL:011-816-5111
営業時間:10:00-19:00
定休日:火曜日

何かのランキングで上位にあったので、買いに行ってみました。国道36号線からだと『きたえーる』を示す標識がある交差点を目印にすればいいです。

私の中では、エスタにある十勝大名に次ぐ第2位。なかなかおいしいと思います。

【関連記事】
[H] 十勝大名のたい焼き
[H] うす皮仕立ての「たい焼き」

北海道の主要幹線国道の国道12号線。札幌から旭川まで走るこの道路は、交通量も多いはずなのですが、実際に走ると実に少ない交通量。当然対向車も少ない。

以前、高速道路を利用したときは、無料化実験のため、特に岩見沢と滝川の間は非常に混んでいました。その分、一般道がすいているのでしょう。

しかし、高速道路では、アクセルをいっぱい踏むし、路面が一般道よりグリップ重視で、とにかく燃費は悪い。

今回国道12号線を選んだ理由は、燃費の節約。見事に流れがスムーズなので、省燃費運転ができます。日本一の直線国道区間があるので、距離が短い。ほとんどが片道1車線の空知国道(R275)よりも、2車線区間が多いですし。

そういえば、道の駅もさびしい状態。沿線のドライブ客がらみの飲食店も影響を受けているでしょうね。

実写版の宇宙戦艦ヤマトの英語タイトルがSpace Battleship Yamato。
でも1978年12月発売の英語版は、Space Cruiser Yamatoだったんです。
ニコニコ動画やYouTubeで聞くことができます。なんと、ささきいさお本人がカタカナ英語を駆使して歌っているものです。

SPACE CRUISER YAMATO -宇宙戦艦ヤマト- ‐ ニコニコ動画(原宿)
YouTube - Isao Sasaki - Space Cruiser Yamato (English version)
YouTube - 宇宙戦艦 ヤマト ED 真赤なスカーフ カラオケ 英語 Scarlet Scarf, In English!

GoogleEarthに林道情報が!!
写真の情報を見ると今年にアップロードされたもののようです。

『バイク好きはパソコン好き』ということを以前聞いたことがあるのですが、ずっとそれほど気にしていませんでした。そう言う人が、そういう人をたまたま何人か見かけたというだけではないかと思っていました。同様にフリーソフト作者に札幌の人が多いというのも聞いたことがありますが、調べようがない。

最近、「林道」などで検索してブラウズしているのですが、どこか過去に見覚えのあるデザインのサイトにたどり着きました。数年前、PerlやPHPのリファレンスマニュアルとして一番お世話になっていたサイトだったのです。このサイトの情報で勉強させていただいて、今の自分があるわけです。

SAK Streets

実はバイクのコンテンツもあったようですが、トップページからも直接リンクがあるわけでなく、全く気付かず。全く別ジャンルの検索で同じサイトに行き着くとは予想もしていませんでした。

ここの管理人の愛車は、20年ほど前に私が乗っていたバイクと同じ。スズキのTS125Rです。何という偶然でしょう。2ストのオフロードバイクで、わけがあってワンシーズンしか乗っていないのですが、このバイクで道東ツーリングもしました。RZ250RRよりは燃費は良いのですが、タンクが小さいので、給油回数が多いのが難点。それでも国道メインに脇道も走ってきました。風に煽られ、気持ち斜めで走行することも。

このバイク、今になって調べると、排気デバイスがシリンダー内に落ちるという恐ろしいバグが潜んでいるそうです。当時は、そこまで距離は乗っていないので、危ない目に遭っていません。

しかし、根室で、ヘッドライトが切れたことがあります。バイクショップを探してもなく、閉店間際のホンダのカーディーラー(当時はプリモだったかな...)に駆け込み、適当なバルブを取り付けてもらいました。「TS125R? そんなバイクは知らないなぁー」と言われ、間に合わせのバルブは、発光が上下逆さまで、ガムテープで下半分をふさいで、次の目的地に向かったのです。

マイナーな車種は、北海道のようなところでは、かなり不便だということを知りました。検索すると今でも根室にはバイクショップはほぼ皆無のようです。バイクを扱うのは、自転車屋かカーディーラーといったところ。

それ以降、車に移行した後も、ランプの予備部品をいつも積んで乗るようになりました。まあ、車は汎用品が多いので、ガソリンスタンドでも扱っていますけどね。

長くなってしまった人生の中では、バイクに乗っていた数年間はほんの一瞬のようなものですが、「いつか再びバイクには乗るよ。今はお休み中...」という気持ちはそのまま(のつもり)です。

Type-Rじゃなくていいので、ガソリンエンジン版がほしいですね。

重たいハイブリッドは、購買意欲が高まらない。CR-Zもせっかくそれなりのデザインなのに、ハイブリッドで高価。求めているのとちょっと違う。シビックの最低グレードのマニュアル車(Type-R以外のマニュアル車が最低グレードしかなかった)を買おうと思ったくらい。
シビックユーロもType-Rのみの輸入で、ちょっと高いんですよね。Type-Rではなく、マニュアル車のちょっとかっこいい車がほしいだけ。
CR-Zのガソリンエンジン版が2011年末という予定らしいので、待ってみる価値があるのかもしれません。

« 2010年11月 | 2010年12月 | 2011年1月 »

月別 アーカイブ

Feeds

Hyson Tearoom
メアド
counter