« 2005年1月 | 2005年2月 | 2005年3月 »

2005年2月アーカイブ

明治33年に施行された「未成年者喫煙禁止法」は、現在も現役の法律ですが、罰金1円以下という時代を感じさせるものです。日露戦争を控え、戦力となる兵士の健康を考えての法律だったそうです。当時も国の大きな収入源だったので、大きな論争になったとのこと。

今回の規制も日本たばこ産業(JT)への配慮で、「マイルド」という言葉の禁止を解除しました。「マイルドセブン」がダメになれば、会社の経営に大きく響くからだそうです。たばこを輸出していた途上国にも大きな打撃を受けます。F1もどうなるのかという心配もある。来年を最後に日本たばこ産業はスポンサーを降りることになるし。

未成年のたばこを減らすには、イメージを変えていく必要もあるのかもしれません。法律も必要ですが、大人のマナーや家庭での教育も重要です。子供においしそうにたばこを吸う姿を見せない、健康の害になることを常識となるまでPRしていくなども必要ですね。シンナーや麻薬などは公共の場では絶対にありえないです。そんなレベルまでしていかないと。

英Parlophoneとは編集が違う米Capitol編集のビートルズアルバム。
やっと買ってきました。輸入盤で。

1.MEET THE BEATLES!
2.THE BEATLES' SECOND ALBUM
3.SOMETHING NEW
4.BEATLES '65
の4つがパック。

CDサイズの紙ジャケットに入っていて、ステレオとモノラルと同時収録。

私のようなビートルズが活動していた時代に生まれた世代は、解散してから聞いているので、ステレオ版が基本だと思います。左から演奏で、右からボーカルの不自然なステレオ。もちろん音源の都合です。でも、それがその時代と思っているので、モノラルはなにか物足りない。そんなわけで、アメリカ独自版というより、ステレオ版を求めての購入という人が多いと思います。

「Thank You Girl」のハーモニカが違うのはすぐにわかりますが、「I Saw Her Standing There」や「She's A Woman」など、エコーのかかり方が深いような気がする。イギリス編集のアナログステレオ版とも違う。

Vol.2の予想ですが、残りのアメリカ独自アルバムは、
5.The Early BEATLES
6.BEATLES VI
7.THE BEATLES' STORY
8.HELP
9.Yesterday And Today
10.Magical Mistery Tour
11.Hey Jude
とあり、
アーリービートルズは、初期のステレオ版がまだなので、価値あり。
ビートルズ物語は、ドキュメンタリなので見送られると思います。
ヘルプは、ステレオの編集が違うので、価値ありだと思います。
マジカルミステリツアーは、発売済み。
「The Early BEATLES」「BEATLES VI」「HELP」「Yesterday And Today」の4枚セットかな?「Hey Jude」はどうなるか。

「ザ・ビートルズ '64 BOX」
Hondanews.com Corp

The 2006 Civic Si Concept debuted at the 2005 Chicago Auto Show on Feb. 11.

civic1.jpgcivic2.jpg

次期シビックの最終試作車だそうです。
日本では、フェリオのクーペはなかったような...。
販売形態が違うので、どういう形で国内デビューするかが楽しみですね。

和香のキモチ: 気になる食べ物

マネージャーさんが、北海道の銘菓からお取り寄せしたバウムクーヘンです。

最近テレビのコマーシャルでよく見るバームクーヘン。
たぶん、ここで出てくるのももしかして柳月の「三方六」かな。
気になる食べ物です。

北の自然菓?柳月
札幌生まれのスープカレー、東京でブレーク寸前 本州資本「北海道へ逆進出も」

札幌生まれの料理「スープカレー」は道外に専門店が続々とでき、「今年はついに全国的ブーム到来か」といわれる状況だ。特に、東京では専門店が約二十店にまで増え、一つの駅の周辺で三店が競い合う"激戦区"も出現。別の地区では、油揚げ、かつお節などが入った和風のオリジナルメニューで人気の店もあり、将来の札幌への逆進出を狙っている。

ラーメンに札幌ラーメンがあるように、スープカレーも札幌の好みみたいのがあるかもしれません。小さい頃から鶏ガラスープのラーメンをラーメンとして食べてきたので、首都圏でヒットした味でも、札幌では受け入れられないケースもあります。

また、ラーメンとスープカレーは、よく比較されます。スープへのこだわりなど共通点もあるといいます。スープカレーのブームの下地に札幌ラーメンがあるともいわれています。

札幌に住んでいるので、ブームが全国的になっても変わりないのですが、逆進出してきたものがおいしいものであれば大歓迎ですね。東京で受け入れられるものなのか、東京オリジナルがどんなものなのか、楽しみでもあります。

« 2005年1月 | 2005年2月 | 2005年3月 »

月別 アーカイブ

Feeds

Hyson Tearoom
メアド
counter