ビートルズの新作『LOVE』

| その他 | コメント(0)
ビートルズの新作『LOVE』が注目される理由とは? CONFIDENCE ランキング&ニュース -ORICON STYLE-
The Beatles - LOVE
「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ」のリズムに「ウィズイン・ユー、ウィズアウト・ユー」のメロディが乗るほか、ジョンのデモから徐々にサウンドが構築されていく「ストロベリーフィールズ・フォーエヴァー」や、ジョージの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」の弾き語りバージョンの上に、今回新たにジョージ・マーティンによるオーケストラのアレンジが施されるなど、全編にわたり、新たな驚きが満載。

ポールとリンゴは、これを許可したのでしょうか?
アルバム「Let It Be」のときも、本人たちの意図しないアレンジが施され、「The Long And Winding Road」では、元の演奏が聞こえないほど。
まあ、聞いてはみたいけど、オリジナル同様の扱いにはならないでしょう。

【関連記事】
[H] The Capitol Albums Vol. 1
[H] The Capitol Albums Vol. 2
[E] ビートルズの曲の歌詞

[317 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:

コメントする

サイト内検索

月別 アーカイブ

Feeds

Hyson Tearoom
メアド
counter